ドローン(マルチコプター)やケーブルカムを使った撮影を行っています。

ドローンによる空撮は鳥の目線から見る映像に近く、今までのヘリコプター(最低高度150m)やクレーン(最高高度50m)の中間をを埋める映像で地上すれすれから俯瞰映像までをノーカットで撮影が出来るため、最近よく使われる撮影方法です。

メディアムーラでは、現在(2018)のように気軽に空撮が行える以前の2012年秋より空撮に目を付け、これまでに「ゴルフ場コースレイアウト」、「テレビ番組ゴルフ中継オープニング用空撮」、「都内有名社寺空撮映像」など様々な空撮業務を無事故で行っております。空撮スタッフが当初よりドローンの仕組みを知りその特徴や恐ろしさを知るからこそ無事故で空撮業務を行えるのだと感じています。

2016年より航空法改正による国土交通省の許可を取得し、一部法律の制限は受けるものの全国どこでも空撮を行うことが出来ます。(ただし、法律とは別に許可が必要な場合が御座います)

安全を何よりも優先し飛行に関する様々なチェックを行った上で撮影を行っています。
機体隅々までチェック
当日飛行する現場に於いて天候(風向・風速)のチェック
GPS受信に関する太陽活動のチェック
不要電波の強度チェック
など安全性を高めるチェックを行っています。

撮影許可を取ることはもちろん安全索を取り付けることで飛行範囲に制限は出ますが何よりも安全に撮影をすることが可能です。
撮影には、使用機体のほかに予備機を用意しています。

映像のプロと飛行のプロが行う空撮です。

撮影のご相談やご依頼はお気軽にご連絡ください。2018年より、単発の撮影はもちろんですが月次空撮契約を行っております。
月に複数回の撮影が予定される場合は、金額的にも相当割り引いての契約になっていますので是非ご相談下さい。

撮影した素材の権利は、原則撮影依頼のお客様ですので、その後2次使用、3次使用に於かれましても問題なくご使用いただけます。撮影技術向上のため素材のコピーを頂きますが、メディアムーラが無許可で使用することは一切ありませんのでご安心下さい。

安全策仕様のテスト

ケーブルカム
 
 
  〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-11-5-304
 
Copyright (C) Since 1998 Media Mu-Ra Co., Ltd. All Rights Reserved.